家を買った!

やっぱり三日坊主になったブログ

予想通り三日坊主になったブログを再開させる。

実は先日、家を買った。マイホームってやつだ。
結婚して5年目になるし、そろそろ買おうと。

今回家探しをしてみて新たな気付きがたくさんあった。
なので、これから家を購入する人のためにもそれらをシェアしたいと思う。

家を買うまでのおおまかな流れ

「家、買うぞ!」と思い立ってからローンを組むまで、約2ヶ月。
恐らく早い方だと思う。

〈大まかなタイムライン〉
1. 7月上旬に旦那に「そろそろ家を買おう!」と提案。マンションの3回目の更新が迫っていた為。
2. 二人の最低希望条件のすり合わせ。(沿線、金額、立地、周辺環境など)
3. 「スーモ」と「アットホーム」を利用し、お互いが良いと思った物件をただひたすら見せ合う。
4. その中で良いと思った物件を紹介している不動産会社に連絡を入れ、ただひたすら内覧祭り。
5. 一度気に入った物件が見つかり申し込みしたが、一晩で気が変わりキャンセル。
6. その後も数件見て、やっと正式申し込み。

〈見に行った物件数〉
20軒以上25軒未満、会った不動産会社5社

〈買った家の概要〉
・建て売り一軒家
・3階建て(やや狭小住宅)
・駐車場有り

いろいろな人がブログでも書いているが、数件見ると
「このエリアのこのタイプの家はだいたいこれぐらいの値段だな」とか
わかるようになってくる。
そして自分達が買える家もだんだんわかってくる。

我々夫婦も10軒ぐらい見たところで、だんだん「全ての希望が反映された物件などない」ことに気付いてしまい、
「一体なにを妥協するの?いつまで探し続けるの?てか、もう楽な賃貸でよくね?」状態に陥った。
何年も探し続ければ絶対にいつかは理想の物件が見つかる!という人もいるが、
この不安定な時代、超低金利時代が急に終わるかもしれないし、消費税増税もあるし
仕事も忙しいしで悠長に探していられないのが現実である。

でも、臨界点に達してからが本番。
どんどん無駄な欲望が削ぎ落とされていき、夫婦の妥結点を見出すことができ、
無事に購入に至ることができた。
ということで、少し気持ちの余裕ができたので、次は賃貸と持ち家議論に参戦してみたい。