1社目の本当の退職理由は「逃亡」だった。

前回の記事で自分のキャリアを洗い出してみたが、
せっかくなので、失敗の連続だった1社目と2社目について、
何がダメだったのかをより詳細に書いていこうと思う。
ぜひ反面教師にして頂ければこれ幸い。

スタート地点は同期より格下だった

私は24歳で求人広告の営業ウーマンとなった。
契約社員とはいえ、正社員と同じく売上目標も課せられるし毎日が競争だった。
そもそも私がいた部署は契約社員の営業マンの方が多く、私のように新卒で
入社している人間はほぼ皆無。同期も同年代だが大卒の中途採用者ばかり。
つまり、私以外はみんな一度は正社員でどこかの会社で働いた経験があるわけだ。

彼ら・彼女らは、大手企業から転職してきている者が多く、新卒社員が受ける
研修をしっかり受けてきている。私とは既にスタート地点で格差があった。

上司の使い方がわからない

まず一番最初に格差を見せつけられたのは、「上司の使い方」だった。
私はもともと他人に相談するのが苦手で、自分のやり方で仕事を進めたいタイプだった。
よく言えば他人の意見に影響を受けないので、だからこそ物事をスピーディーに決断できる
という利点もあるが、これは若手社会人にとっては邪魔な性格だった。

と言うのも、私が自分流で仕事を進めている間、同期たちはちゃっかり直属の上司に
報告・連絡・相談をし、営業先にも同行させ、次々と大きな契約を決めていっていた。
突然巻き添えにして悪いが、私ともう一人の同期(男性)だけが、毎日張り出される
売上ランキング表でどんどん下位に下がっていったのだ。

それもそのはず、私とその同期は少し性格が似ていて、自分流のやり方で仕事を進めたい、
他人に指図されすぎたくないという思いが強かった。
そもそも私は新卒だったので、なんで自分のやり方にこだわっていたのか、
今思えば思い上がりもはなはだしいのだが。

ちなみに私たちと同じ性格を持つ人が困るのは、営業成績が上がらないということ以前に
成長が遅くなってしまう。
上司に教えを請えば、その人が数年間かけて得てきた経験や知識を
はるかに短期間で得られるというのに、それを自ら投げ出したわけだ。
本当にもったいないことをした。当時のアホな私を縦に裂きたい(←燃え殻さんの言い回しパクった)

初めての受賞

それでも2年目には、遅咲きではあったが営業成績優秀賞を受賞した。

でも私は自分の受賞にとても冷静で、自分の営業としてのスキルが上がったとは
全く思っていなかった。なぜなら受賞できた理由は、質より行動量を増やしただけだったからだ。
最初の受賞時はそんな自分になぜか絶望し、受賞式をワザと欠席した。何も成長していないと思いこみ
壇上に上がるのが恥ずかしかったのだ。上司に同行してもらって私より先に受賞していった同期たちは
なんの恥じらいもなく受賞コメントを述べていたのも、どうにも腑に落ちなかった。当時は。

ちなみに初回の受賞後、私を面接した面接官に
「いやー採用してよかったよ。このままだったらどうしようかと思ったわ。」
と言われた。
彼らも人事としての責務があり、採用した人が結果を出さないと評価に関わるのだろう。
私が絶望しようがしまいが、私の受賞によって救われた人がいるのかと思い、私の気持ちも少し救われた。

私の同期たちは何故この会社にいるの?

ところで、冒頭にも書いたが私の同期たちは既に他社で1社ないし2社経験してきている。
しかも有名大学卒の者も多かった。貴重な新卒カードを順風満帆に切った人間がほとんどだった。

それなのに、私と一緒に契約社員として働いている。給与もみな一律スタートだった。なぜなのか。
意識が高い人が多かったということもあるが、前職ではやりがいを得られなかったり
「なんか違うな」と思っている人ばかりだった。
結局、親や友達の顔色を伺って決めた人生はいつか破綻するのだ。体や脳が悲鳴を上げるのだ。

先輩と合わない

受賞後、わたしは厳しいと有名な女性リーダー率いるチームに異動となった。
結果は出したが、自己流で出した結果だったので、今思えば社会人として至らない点もまだまだあったと思う。
それを見かねてか、私は異動になった。(真相はわからないからあくまで予想だが)
これが私のその会社を辞めるキッカケとなった。その女性リーダーは私の服装、振る舞い、言動など
いろいろと指導してくれたが、残念ながら当時の私にはそれが苦痛でしかなかった。

今は私も20代の子たちを指導する立場なのでよくわかるが、親の気持ちは自分も親になってみないと
わからないのと同じで結局私は退職した。
実は見かねた上司が別チームに異動させてくれたのだが、「かわいそうに」という周囲の目も面倒くさかったし、
営業ノルマも大きくなっていてしんどかったし、ちょうど別の仕事に興味を持ち始めていたので
全てのタイミングが揃った気分で転職するには良い機会だった。

逃げた

これは一般的には人間関係による不和で「逃げた」ことになるだろう。

ただ、私が逃げるという選択肢を簡単に選べたのは、受賞歴があったからだろう。
実は2年目に入った時、「このままではダメだ」という焦りがあった。
その直後から死ぬほど行動量を上げたので良い結果を出せたのだが、この経験があったおかげで
「ここで自分が出せる力は出し切った」と思えたのも確かだ。

それ以来、私はどの会社でも在籍期間の長短に関わらず、入社直後から全力でギアを上げまくっている。
まぁそれは誰でも同じだろうけど、上げたギアはゆるめなかった。
なので転職活動の面接では必ず
「転職回数は多いが、どの会社でも全力投球してきたので、全て自分のスキルアップに繫がっている」
と自信を持って回答している。

まとめ

たぶん今、営業ノルマがしんどくて辛い人もいると思うけど、自分の中で納得いくところまでやれたら
すぐ辞めればいいよ。私はそれが2年半だったけど、もっと短くてもいいと思う。
最近はFacebookとかあるから、数ヶ月で辞めたのにうっかりSNSで元同僚の投稿を見てしまい
まだその会社で頑張ってる姿とか見ると死にたくなるだろうけど(私も当時の同僚とSNSで繋がっており
たまーに当時の辛かったことがフラッシュバックするw)、ブロックすればいいだけだ。

人生は短い。ぜひ自分が楽しいと思える生き方をしてほしい。

*長くなったので2社目の失敗談はまた次回。。。