雪崩体験記(小規模)

今日、雪崩に遭遇した。
久しぶりの雪遊ぶで初雪崩に遭遇してしまったせいで、やっぱりもう二度と
ウィンタースポーツには興じたくないと思ったわけだが、いずれにせよ
この体験は記憶に残したいと思い、ブログに書くことにした。


興じたウィンタースポーツ

スキーやスノボではなく、「スノーシュー」。
初体験だったのでスノーシュー体験ツアーに参加。

興じた場所

長野県にある美ヶ原高原。
夏場は牛が放牧され、美しい緑を堪能することができる素敵な場所。

何が起きたのか

2017年1月某日。その日は朝からとても風が強かったが、雲の切れ間から
青空が顔をのぞく程度の天気だった。気温はマイナス8℃。
朝9時から2時間コースということで、インストラクターさん含む計4名で出発。

大寒波もきていたので少し心配だったが、夏場に何度も来ている場所で
平坦なだだっ広い高原だということを知っていたので
(実際は勾配もあるが、平坦な高原という印象しか無かった)
インストラクターさんもいるし大丈夫だろうと思っていた。

行ったことがある方はわかると思うが、美ヶ原は遊歩道コースに柵があるので
よほどのことでもなければ基本的に道に迷うことはない。
私はてっきり柵沿いに歩くのだと思っていたが、途中からコースを外れて
歩くことになった。

この日はとにかく風が強かったので、インストラクターさんは、風を避ける為に
谷沿いを歩こうと判断されたらしく、斜面をひたすら登り、下り、そしてさらに下った。
この下る途中で雪崩にあってしまったのだ。
実は登りの途中、クラックがあるよと教えられた。初めてクラックを見たので
感動してしまったが、まだこの時は「丘だし雪崩なんて起きないだろう」と思っていた。
でも下りの途中、だんだん急斜面になっていき、「どどっ」と音がして左を見た瞬間に
私の体は雪に押されて横倒しになり、腰まで雪で埋まった。

私の前にいたインストラクターさんと後ろにいた主人は何とか踏ん張ったらしく、
私だけが雪崩に巻き込まれたことに。全く下半身が動かず「動けない」「怖い」と連発している私。
インストラクターさんが足の雪をどけてくれて、何とか脱出できた。

今思えば・・・

私は幸いにも顔と両手は自由だったことと、助けてくれる人がいるのがわかったので
パニックになるのを最小限に抑えられた。
だが、動けないことよりも「次の雪崩がきたらどうしよう。もう次はダメだ。」ということの方が
私の恐怖心を増幅させた。雪崩の規模としては非常に小規模だったらしいが、むしろこの規模で
あれだけ動けないのなら、そりゃ通常規模雪崩は死ぬわ・・・と真っ青になった。

そして雪崩に遭遇してみてわかったが、私はずっとストックの紐を手首に掛けていた。
横倒しになって手で体を起こそうとした時、ストックを取ろうとしたが焦って取れない。
後々ネットで調べたら、やっぱりストックの紐は掛けない方が良いらしい。

写真を公開

私が雪崩に遭った後の写真。よく見るといくつかのクラック(デブリか?)が・・・。
今思えば本当に恐ろしい・・・。
f:id:Mt-to-star:20170122204901j:plain

最後に

今回の雪崩現場は、普段は雪崩れることは無い場所だそう。
でも昨今の自然災害などからもわかるように、「絶対」は無いと思っている。
ただ、スノーシューが楽しかったことに間違いはないので、きっとまたいつか
やりたくなるだろうなぁ・・・。安全に配慮しながらね。