元求人広告営業ウーマンがWantedlyを使ってみた

わたしは転職が趣味のため、常に求人サイトを徘徊している。
そこで今までは避けていた「Wantedly」をついに利用してみた。
  

なぜWantedlyの使用を避けていたのか


今更だが、基本的に求人サイトは企業が高い広告料を支払っている。
広告料の内訳は求人広告の作成料とその他だろう。

この「その他」には、営業マンからの「ヒアリング料」も含まれている。

ヒアリング料とは何なのか。

定期的に人材採用を行っている大企業および一部の企業を除き、
採用について真剣に考えている企業が意外と少ない。

  • どんな人が欲しいのか(属性、スキル)
  • どうなって欲しいのか
  • 何をさせたいのか
  • どうすれば良い人を採用できるのか

これだけの内容をちゃんと整理できている企業は少ないのだ。
それを整理するのが営業マン(または制作スタッフ)の役目だ。
ここがちゃんとできない営業マンに当たってしまうと
求人広告の内容もブレてしまう。

Wantedlyは企業側の利用は非常に安価だ。(トライアルは無料)
内容も恐らくテンプレに沿って記入すれば良いのだろうから
企業の人事部または一般スタッフが書いているはずだ。
それ故に企業間の情報量差・質の違いは出てしまう。

しかもいきなり選考が始まるわけでもなく、「企業に興味を持ったら
話しを聞きに行ってみよう!」という軽い気持ちからでもOKなのだ。
これもわたしにはとても面倒なものとして映っていた。
なぜなら、転職には強い決断力が必要だし、現職に勤務しながら
転職活動している人も多い。興味を持ったからと言って何社も訪問している
時間も気力もない。とっとと書類選考&面接して結論を出してほしいのだ。

極めつけは、Wantedlyは給与が記載されていない。
転職の動機が給与軸の人にはちょっとモヤモヤするだろう。
  

Wantedlyの自然体が受け入れられた


でも、時が経つごとにどんどんWantedlyの求人広告は増えていくではないか。

最初は人材採用にお金を掛けられないスタートアップの企業ばかりだったが、
最近では普通に大手企業も掲載されている。もう無視できなくなってきた。

一般的な求人広告は、応募者を増やそうと、ときに脚色されることもある。
写真だって、カメラマンが無理に笑顔を作らせてアットホーム感を作り出す。

だからこそ、企業側が制作するWantedlyは自然体で良い。
企業の性格が出やすいし、何よりスタッフの写真や自己紹介も見ることができて、
一緒に働くかもしれない人達のパーソナリティが垣間見えるのも良い。
  

実際にWantedlyを使ってみた


わたしは今後やりたいことがある。それはおいおい書いて行くが、
やりたいことができそうな企業にエントリーしてみた。
ちなみに応募時に興味度合いが選択できる。
(今すぐ一緒に働きたい/まずは話を聞いてみたい/少しだけ興味がありますの三段階)

今まで4社にエントリーし(全て「今すぐ一緒に働きたい」を選択)、
うち1社だけ返事が来たので早速訪問してみた。
ちなみに返事が来ないこともよくあるらしい。(実際の利用者談)

当日は取締役との面談で、今までの経歴を話したり会社説明や業務内容を聞いたりで
あっという間に一時間が過ぎ、正式な一次面接の日程を決めて終了した。
わたしは会社帰りだったのでスーツではないオフィスカジュアルで訪問。

でも問題はその一次面接。詳しくは書けないが、ある場所を指定されて
訪問したものの、面接官とうまく連携が取れず結局会えなかった。
そこでわたしも気持ちが萎えてしまい、選考を辞退してしまった。。。
  

Wantedlyを使用した感想


  • 採用企業側が求人広告を書いているので、熱い思いが文章を通じて
    伝わりやすい。

  • 企業側のスタッフの自己紹介文章や写真を通して一緒に働く人をイメージしやすい。

  • 転職に余裕があり、絶対に失敗したくない人にとっては様々な企業に
    話しを聞きに行くことができ、入社後のミスマッチを防ぐことができる。

  • 上述したように、企業から返事が来ないこともある為、
    すでにこの時点で選考が始まっている。
    あくまでもこのサイトのスタンスは「企業と求職者の出会いの場」だが、
    やはり選考はされているので、エントリーに対して何のレスポンスも無いのは、
    日本の求人サイトを使い慣れているわたし達には若干モヤモヤが残る。

  • 一般的な求人サイトの広告料には、応募者への対応方法などもアドバイスする。
    たが恐らくWantedlyは各企業に任されている為、対応にばらつきが見られる。
    (これは実際の利用者談)
    「まずは話しを聞きたい」でエントリーしたのに、いきなり面接が始まったなど、
    Wantedly側の意図がまだ浸透していなさそうだ。

  • 広告料が無料または安価なため企業側にも気軽感があり、人材採用の本気度が低い企業もある。

  • 給与が記載されていないのはやはり気になる。
      

まとめ


実はわたしは求人広告の営業ウーマンだった。もう10年前の話し。
だから人より一般的な求人サイトへの思い入れが強いということもあるが、
求人サイトの良し悪しもわかっているつもり。
その上で思うのは、やっぱりまだ一般的な有料サイトの方に軍配が上がる。
でも新卒や第二新卒などの若手、転職に焦りが無い人、スタートアップで
働きたい人には良いと思った。