1社目の本当の退職理由は「逃亡」だった。

前回の記事で自分のキャリアを洗い出してみたが、
せっかくなので、失敗の連続だった1社目と2社目について、
何がダメだったのかをより詳細に書いていこうと思う。
ぜひ反面教師にして頂ければこれ幸い。

スタート地点は同期より格下だった

私は24歳で求人広告の営業ウーマンとなった。
契約社員とはいえ、正社員と同じく売上目標も課せられるし毎日が競争だった。
そもそも私がいた部署は契約社員の営業マンの方が多く、私のように新卒で
入社している人間はほぼ皆無。同期も同年代だが大卒の中途採用者ばかり。
つまり、私以外はみんな一度は正社員でどこかの会社で働いた経験があるわけだ。

彼ら・彼女らは、大手企業から転職してきている者が多く、新卒社員が受ける
研修をしっかり受けてきている。私とは既にスタート地点で格差があった。

上司の使い方がわからない

まず一番最初に格差を見せつけられたのは、「上司の使い方」だった。
私はもともと他人に相談するのが苦手で、自分のやり方で仕事を進めたいタイプだった。
よく言えば他人の意見に影響を受けないので、だからこそ物事をスピーディーに決断できる
という利点もあるが、これは若手社会人にとっては邪魔な性格だった。

と言うのも、私が自分流で仕事を進めている間、同期たちはちゃっかり直属の上司に
報告・連絡・相談をし、営業先にも同行させ、次々と大きな契約を決めていっていた。
突然巻き添えにして悪いが、私ともう一人の同期(男性)だけが、毎日張り出される
売上ランキング表でどんどん下位に下がっていったのだ。

それもそのはず、私とその同期は少し性格が似ていて、自分流のやり方で仕事を進めたい、
他人に指図されすぎたくないという思いが強かった。
そもそも私は新卒だったので、なんで自分のやり方にこだわっていたのか、
今思えば思い上がりもはなはだしいのだが。

ちなみに私たちと同じ性格を持つ人が困るのは、営業成績が上がらないということ以前に
成長が遅くなってしまう。
上司に教えを請えば、その人が数年間かけて得てきた経験や知識を
はるかに短期間で得られるというのに、それを自ら投げ出したわけだ。
本当にもったいないことをした。当時のアホな私を縦に裂きたい(←燃え殻さんの言い回しパクった)

初めての受賞

それでも2年目には、遅咲きではあったが営業成績優秀賞を受賞した。

でも私は自分の受賞にとても冷静で、自分の営業としてのスキルが上がったとは
全く思っていなかった。なぜなら受賞できた理由は、質より行動量を増やしただけだったからだ。
最初の受賞時はそんな自分になぜか絶望し、受賞式をワザと欠席した。何も成長していないと思いこみ
壇上に上がるのが恥ずかしかったのだ。上司に同行してもらって私より先に受賞していった同期たちは
なんの恥じらいもなく受賞コメントを述べていたのも、どうにも腑に落ちなかった。当時は。

ちなみに初回の受賞後、私を面接した面接官に
「いやー採用してよかったよ。このままだったらどうしようかと思ったわ。」
と言われた。
彼らも人事としての責務があり、採用した人が結果を出さないと評価に関わるのだろう。
私が絶望しようがしまいが、私の受賞によって救われた人がいるのかと思い、私の気持ちも少し救われた。

私の同期たちは何故この会社にいるの?

ところで、冒頭にも書いたが私の同期たちは既に他社で1社ないし2社経験してきている。
しかも有名大学卒の者も多かった。貴重な新卒カードを順風満帆に切った人間がほとんどだった。

それなのに、私と一緒に契約社員として働いている。給与もみな一律スタートだった。なぜなのか。
意識が高い人が多かったということもあるが、前職ではやりがいを得られなかったり
「なんか違うな」と思っている人ばかりだった。
結局、親や友達の顔色を伺って決めた人生はいつか破綻するのだ。体や脳が悲鳴を上げるのだ。

先輩と合わない

受賞後、わたしは厳しいと有名な女性リーダー率いるチームに異動となった。
結果は出したが、自己流で出した結果だったので、今思えば社会人として至らない点もまだまだあったと思う。
それを見かねてか、私は異動になった。(真相はわからないからあくまで予想だが)
これが私のその会社を辞めるキッカケとなった。その女性リーダーは私の服装、振る舞い、言動など
いろいろと指導してくれたが、残念ながら当時の私にはそれが苦痛でしかなかった。

今は私も20代の子たちを指導する立場なのでよくわかるが、親の気持ちは自分も親になってみないと
わからないのと同じで結局私は退職した。
実は見かねた上司が別チームに異動させてくれたのだが、「かわいそうに」という周囲の目も面倒くさかったし、
営業ノルマも大きくなっていてしんどかったし、ちょうど別の仕事に興味を持ち始めていたので
全てのタイミングが揃った気分で転職するには良い機会だった。

逃げた

これは一般的には人間関係による不和で「逃げた」ことになるだろう。

ただ、私が逃げるという選択肢を簡単に選べたのは、受賞歴があったからだろう。
実は2年目に入った時、「このままではダメだ」という焦りがあった。
その直後から死ぬほど行動量を上げたので良い結果を出せたのだが、この経験があったおかげで
「ここで自分が出せる力は出し切った」と思えたのも確かだ。

それ以来、私はどの会社でも在籍期間の長短に関わらず、入社直後から全力でギアを上げまくっている。
まぁそれは誰でも同じだろうけど、上げたギアはゆるめなかった。
なので転職活動の面接では必ず
「転職回数は多いが、どの会社でも全力投球してきたので、全て自分のスキルアップに繫がっている」
と自信を持って回答している。

まとめ

たぶん今、営業ノルマがしんどくて辛い人もいると思うけど、自分の中で納得いくところまでやれたら
すぐ辞めればいいよ。私はそれが2年半だったけど、もっと短くてもいいと思う。
最近はFacebookとかあるから、数ヶ月で辞めたのにうっかりSNSで元同僚の投稿を見てしまい
まだその会社で頑張ってる姿とか見ると死にたくなるだろうけど(私も当時の同僚とSNSで繋がっており
たまーに当時の辛かったことがフラッシュバックするw)、ブロックすればいいだけだ。

人生は短い。ぜひ自分が楽しいと思える生き方をしてほしい。

*長くなったので2社目の失敗談はまた次回。。。

就職・転職活動の肝は柔軟性だよ

anond.hatelabo.jp

この記事を読んで、私も自分のキャリアについて語ろうと思った。
今まさに転職を悩んでいる誰かに、「こんな生き方もあるのか」と
思ってもらえれば良いなと期待して。

私は昔から好奇心が強く、あまり深く物事を考えない人間だ。
感覚で生きているので、社会人11年目にして転職回数は5回。
上記ブログ主より多分、若い。

初めての就職活動時も文系大学院生だったので、
女性で文系院卒は内定を勝ち取りにくいと当時はよく言われたものだ。
でも私自身は全く悲観的ではなかった。
なぜなら、「院まで出たんだから大企業じゃなきゃダメだ」とか
「正社員じゃなきゃダメだ」というプライドは全くなかったからだ。
世の中に星の数ほど会社があるのに、女性で文系院卒だからって理由だけで
採用されないなんてありえないだろうと思っていた。
(女性文系院卒は一般職で敬遠されるってだけだろう)

結局私は地元で得た正社員の内定を蹴り、めっちゃ面白そうな会社に契約社員で入社した。
世間一般で神格化されている「新卒カード」をいとも簡単に切ったわけだ。

前置きが長くなったが、かくして社会人となった私の1社目は
求人広告の営業として勤務スタート。
来る日も来る日もテレアポと飛び込み営業をしながらも、刺激的な毎日で楽しかった。
一年間は営業成績も低迷していたが、二年目からは成績優秀賞を獲得することもあった。
でも正直、当時の私は脳みそふわふわ系女子だったので、先輩社員や上司からは
仕事ができる奴という認識はされていなかったと思う。

それもあり、厳しいことで有名な女性上司の営業チームに異動になった時、
普通の社会人として型にはめるべく指導され、今まで楽しかった仕事が一気に苦しいものに変わった。
この会社に勤務して2年半、私は転職することとなった。

そして2社目はシンクタンクに転職。ここも契約社員での入社となった。
実は最初は正社員募集に応募したが、最終選考であえなく不採用。
にも関わらず、別部署から「採用したい」という声がかかり、晴れて入社することになった。
人生何が起きるかわからないのである。
結局ここも一年半で退職することになるが、本当に成長させてもらった。

今はワークライフバランスが大切だと言われているし、それも大事なのだが、
20代の時は死ぬほど仕事をする時期があっても良いと私は思っている。
私も当時の上司には「お前は脳みそ小さい。バカだ。」とはっきり言われたりもしたし、
土日も休みなく働き、徹夜仕事もしてきたが、この時期なくして今の自分は無いと明言できる。
幸い私は一つの場所に固執するタイプではないので、自分の能力と体力に限界を感じた時に
退職を選んだ。

3社目は全く異なる業界に、これまた契約社員で入社。
ここは11ヶ月だけ勤務したが、この会社で今の旦那と出会う。
仕事だけしてきた2社目から一転、3社目では恋愛も楽しんだ。

そして4社目から現職までは全て正社員として勤務。
30歳前後から会社でも一定の評価を得られるようになり、
6社目の今は一番長く勤務している。やっとウマが合う会社に出会った。

1社目から3社目は全て異業種だ。4社目からは同じ業界だけど。
もう一貫性なんてものはどこにも無く、我ながら行き当たりばったりだ。
でもこの経験は私の財産だと思っている。

いま就職または転職活動中のみなさん。
確かに新卒カードは大事だし、安定した雇用も大事。
だけど本当にやってみたい仕事があるなら、特に20代であれば
チャレンジしてみるべきだ。
人間に最も大事なものは「柔軟性」。これは間違いない。

雪崩体験記(小規模)

今日、雪崩に遭遇した。
久しぶりの雪遊ぶで初雪崩に遭遇してしまったせいで、やっぱりもう二度と
ウィンタースポーツには興じたくないと思ったわけだが、いずれにせよ
この体験は記憶に残したいと思い、ブログに書くことにした。


興じたウィンタースポーツ

スキーやスノボではなく、「スノーシュー」。
初体験だったのでスノーシュー体験ツアーに参加。

興じた場所

長野県にある美ヶ原高原。
夏場は牛が放牧され、美しい緑を堪能することができる素敵な場所。

何が起きたのか

2017年1月某日。その日は朝からとても風が強かったが、雲の切れ間から
青空が顔をのぞく程度の天気だった。気温はマイナス8℃。
朝9時から2時間コースということで、インストラクターさん含む計4名で出発。

大寒波もきていたので少し心配だったが、夏場に何度も来ている場所で
平坦なだだっ広い高原だということを知っていたので
(実際は勾配もあるが、平坦な高原という印象しか無かった)
インストラクターさんもいるし大丈夫だろうと思っていた。

行ったことがある方はわかると思うが、美ヶ原は遊歩道コースに柵があるので
よほどのことでもなければ基本的に道に迷うことはない。
私はてっきり柵沿いに歩くのだと思っていたが、途中からコースを外れて
歩くことになった。

この日はとにかく風が強かったので、インストラクターさんは、風を避ける為に
谷沿いを歩こうと判断されたらしく、斜面をひたすら登り、下り、そしてさらに下った。
この下る途中で雪崩にあってしまったのだ。
実は登りの途中、クラックがあるよと教えられた。初めてクラックを見たので
感動してしまったが、まだこの時は「丘だし雪崩なんて起きないだろう」と思っていた。
でも下りの途中、だんだん急斜面になっていき、「どどっ」と音がして左を見た瞬間に
私の体は雪に押されて横倒しになり、腰まで雪で埋まった。

私の前にいたインストラクターさんと後ろにいた主人は何とか踏ん張ったらしく、
私だけが雪崩に巻き込まれたことに。全く下半身が動かず「動けない」「怖い」と連発している私。
インストラクターさんが足の雪をどけてくれて、何とか脱出できた。

今思えば・・・

私は幸いにも顔と両手は自由だったことと、助けてくれる人がいるのがわかったので
パニックになるのを最小限に抑えられた。
だが、動けないことよりも「次の雪崩がきたらどうしよう。もう次はダメだ。」ということの方が
私の恐怖心を増幅させた。雪崩の規模としては非常に小規模だったらしいが、むしろこの規模で
あれだけ動けないのなら、そりゃ通常規模雪崩は死ぬわ・・・と真っ青になった。

そして雪崩に遭遇してみてわかったが、私はずっとストックの紐を手首に掛けていた。
横倒しになって手で体を起こそうとした時、ストックを取ろうとしたが焦って取れない。
後々ネットで調べたら、やっぱりストックの紐は掛けない方が良いらしい。

写真を公開

私が雪崩に遭った後の写真。よく見るといくつかのクラック(デブリか?)が・・・。
今思えば本当に恐ろしい・・・。
f:id:Mt-to-star:20170122204901j:plain

最後に

今回の雪崩現場は、普段は雪崩れることは無い場所だそう。
でも昨今の自然災害などからもわかるように、「絶対」は無いと思っている。
ただ、スノーシューが楽しかったことに間違いはないので、きっとまたいつか
やりたくなるだろうなぁ・・・。安全に配慮しながらね。

元求人広告営業ウーマンがWantedlyを使ってみた

わたしは転職が趣味のため、常に求人サイトを徘徊している。
そこで今までは避けていた「Wantedly」をついに利用してみた。
  

なぜWantedlyの使用を避けていたのか


今更だが、基本的に求人サイトは企業が高い広告料を支払っている。
広告料の内訳は求人広告の作成料とその他だろう。

この「その他」には、営業マンからの「ヒアリング料」も含まれている。

ヒアリング料とは何なのか。

定期的に人材採用を行っている大企業および一部の企業を除き、
採用について真剣に考えている企業が意外と少ない。

  • どんな人が欲しいのか(属性、スキル)
  • どうなって欲しいのか
  • 何をさせたいのか
  • どうすれば良い人を採用できるのか

これだけの内容をちゃんと整理できている企業は少ないのだ。
それを整理するのが営業マン(または制作スタッフ)の役目だ。
ここがちゃんとできない営業マンに当たってしまうと
求人広告の内容もブレてしまう。

Wantedlyは企業側の利用は非常に安価だ。(トライアルは無料)
内容も恐らくテンプレに沿って記入すれば良いのだろうから
企業の人事部または一般スタッフが書いているはずだ。
それ故に企業間の情報量差・質の違いは出てしまう。

しかもいきなり選考が始まるわけでもなく、「企業に興味を持ったら
話しを聞きに行ってみよう!」という軽い気持ちからでもOKなのだ。
これもわたしにはとても面倒なものとして映っていた。
なぜなら、転職には強い決断力が必要だし、現職に勤務しながら
転職活動している人も多い。興味を持ったからと言って何社も訪問している
時間も気力もない。とっとと書類選考&面接して結論を出してほしいのだ。

極めつけは、Wantedlyは給与が記載されていない。
転職の動機が給与軸の人にはちょっとモヤモヤするだろう。
  

Wantedlyの自然体が受け入れられた


でも、時が経つごとにどんどんWantedlyの求人広告は増えていくではないか。

最初は人材採用にお金を掛けられないスタートアップの企業ばかりだったが、
最近では普通に大手企業も掲載されている。もう無視できなくなってきた。

一般的な求人広告は、応募者を増やそうと、ときに脚色されることもある。
写真だって、カメラマンが無理に笑顔を作らせてアットホーム感を作り出す。

だからこそ、企業側が制作するWantedlyは自然体で良い。
企業の性格が出やすいし、何よりスタッフの写真や自己紹介も見ることができて、
一緒に働くかもしれない人達のパーソナリティが垣間見えるのも良い。
  

実際にWantedlyを使ってみた


わたしは今後やりたいことがある。それはおいおい書いて行くが、
やりたいことができそうな企業にエントリーしてみた。
ちなみに応募時に興味度合いが選択できる。
(今すぐ一緒に働きたい/まずは話を聞いてみたい/少しだけ興味がありますの三段階)

今まで4社にエントリーし(全て「今すぐ一緒に働きたい」を選択)、
うち1社だけ返事が来たので早速訪問してみた。
ちなみに返事が来ないこともよくあるらしい。(実際の利用者談)

当日は取締役との面談で、今までの経歴を話したり会社説明や業務内容を聞いたりで
あっという間に一時間が過ぎ、正式な一次面接の日程を決めて終了した。
わたしは会社帰りだったのでスーツではないオフィスカジュアルで訪問。

でも問題はその一次面接。詳しくは書けないが、ある場所を指定されて
訪問したものの、面接官とうまく連携が取れず結局会えなかった。
そこでわたしも気持ちが萎えてしまい、選考を辞退してしまった。。。
  

Wantedlyを使用した感想


  • 採用企業側が求人広告を書いているので、熱い思いが文章を通じて
    伝わりやすい。

  • 企業側のスタッフの自己紹介文章や写真を通して一緒に働く人をイメージしやすい。

  • 転職に余裕があり、絶対に失敗したくない人にとっては様々な企業に
    話しを聞きに行くことができ、入社後のミスマッチを防ぐことができる。

  • 上述したように、企業から返事が来ないこともある為、
    すでにこの時点で選考が始まっている。
    あくまでもこのサイトのスタンスは「企業と求職者の出会いの場」だが、
    やはり選考はされているので、エントリーに対して何のレスポンスも無いのは、
    日本の求人サイトを使い慣れているわたし達には若干モヤモヤが残る。

  • 一般的な求人サイトの広告料には、応募者への対応方法などもアドバイスする。
    たが恐らくWantedlyは各企業に任されている為、対応にばらつきが見られる。
    (これは実際の利用者談)
    「まずは話しを聞きたい」でエントリーしたのに、いきなり面接が始まったなど、
    Wantedly側の意図がまだ浸透していなさそうだ。

  • 広告料が無料または安価なため企業側にも気軽感があり、人材採用の本気度が低い企業もある。

  • 給与が記載されていないのはやはり気になる。
      

まとめ


実はわたしは求人広告の営業ウーマンだった。もう10年前の話し。
だから人より一般的な求人サイトへの思い入れが強いということもあるが、
求人サイトの良し悪しもわかっているつもり。
その上で思うのは、やっぱりまだ一般的な有料サイトの方に軍配が上がる。
でも新卒や第二新卒などの若手、転職に焦りが無い人、スタートアップで
働きたい人には良いと思った。

乳腺症になってしまった

30代も後半戦に入り、体の悲鳴が聴こえることが多くなってきた。

特に昨年は、今までに無い悲鳴の多発。 一番衝撃的だったのは「乳腺症」に罹患したことだ。

実は一年前からたまに左胸が痛くなることがあって、 明確に痛いくせに「まぁ気のせいだろう」と意味不明な スルースキルを発揮していた。

でも昨年は痛みが本格化し、いよいよ乳腺外科に電話。 10件近く電話したのに一向に予約が取れない。 そう、芸能人の乳がん罹患公表が続いている為にマンモグラフィー超音波検査の予約が殺到しているのだ。(病院側もそう言っていた)

それでも運良くキャンセルが出た病院が予約でき、 ソッコーで有給を取って病院へ。 「何でもっと早く病院に行かなかったのか」という後悔と 「ガン保険入ってて良かった」という思いが交互に押し寄せ、 もう死刑宣告を待つ囚人のようだった。

どんな痛みだったのか


左胸の外側がズキズキする痛みが続いた。 外傷の痛みではなく、明確に体の中から感じる痛み。 でも病院を予約する頃には偏頭痛のような痛みに変わった。 (ズキンズキンと波打つ痛みで、体が鎮痛剤を欲していた)

どんな検査を受けたのか


わたしが行った病院はマンモグラフィー超音波検査を自分で選べた。 病院へ行くちょうど一年前に、会社の健康診断でマンモはやっていたので 迷わず超音波を選択。

ちなみにマンモより超音波の方がより精度が良いと言われた。 でも半年ごとに交互に検査するのが理想らしい。

問診、触診、超音波で30分程度で終わった。

結果は乳腺症


触診でもシコリは無く、癌ではないとのこと。 ただ乳腺が腫れているので乳腺症という診断だった。

原因はストレス、ホルモンバランスの崩れ、生理前の症状。 治療薬は無いので痛くなったら市販の鎮痛剤(※)を飲むしか無いらしい。 (※医師からはロキソニンの名前を挙げられた)

やはり皆、結果を聞くまでは緊張でガチガチらしいが 結果を聞いた瞬間に気持ちが楽になり、痛みが無くなる人も多いそう。

結果を聞いたわたしも俄然元気が出て、一週間程度で痛みは無くなった。 思い返せば、最も痛みが強かった時は会社の人間関係が原因で イライラしていた。。。

おわりに


あれ以来、やはりストレスを感じると左胸がズキっとすることがあるが、 ストレス危険信号が体に埋め込まれたんだと思い、痛くなったら 無理をせずに家ではダラダラしたりストレス発散することを心がけている。

皆さんも異変を感じたらすぐ病院へ! 仕事より体の方が大事ですよ。

ブログ続けたい

社会人になってからブログを開設した数はおおよそ5回以上10回未満。 そのうち3ヶ月以上継続できたのは0回。

ちゃんとアカウント削除したブログもあるけれど、呪縛霊と化し、 ネット界隈を浮遊し続けているものもあるだろう。

よくよく考えてみれば、わたしが日記を継続できたのは小学生の時の交換日記のみ。 わたしという人間は、他人様が介入しないと日記を継続できないのだろう。 レスポンスが全く無い期間に耐えられないのだ。

でも、毎日様々な情報に接している中で、 「この社会問題を誰かと論じたい!」と思う時が多い。

とはいえ、女性は概ね恋愛・食べ物・家族の話ししかしないので 結局この思いを封じ込めつつ日々暮らしている。

なので、今年こそは。 この強制昇華させている思いをブログにぶつけようと思う。 せっかくこんな文明社会に生まれたのだから。

わたしと会社の老人 〜明日は我が身!?〜

この記事がめちゃくちゃ納得感あるのでリンクを貼ってみる。

blog.tinect.jp

なぜ納得感があるのか?


この記事では、老人が尊敬される時代が終わった根拠として 5つの要因が挙げられているが、なかでも私は要因2と3に 激しく同意している。

>【要因2】老人固有の知識が役立たずになってしまっている

ここでは第一次産業や地域社会に関する固有の知識について 書かれているが、会社でも同じことが起きているように思う。

私が勤務する会社は50代の社員がそこそこいるが、 過去に得た知識や経験をアップデートすることを怠っている人が多い。 その為、勘違いで若手を叱ったり、古い情報を拡散させ、訂正すると 拗ねたりという現場を度々目撃する。

>【要因3】知識や学習の普及

要約すると「今やネットや書籍で簡単に情報を得られるので、 老人による伝承は必要ない」ということが書かれている。

もちろん特別な体験によって自動的に得られた知見(戦争体験など)は、 どんなに我々が映像や活字を見ても、語り部には劣る。 媒体を通して、一部だけが切り取られて発信されている可能性もあるからだ。

ただ、仕事を遂行することだけに言えば、もう老人は不要かもしれない。 会社の変遷を知っていなくても業務はできるし、老人達の過去の正攻法を 強要されても、現代の流れの速さを考えても恐らくその正攻法は古めかしいだろう。

わたしと老人


実はわたし、去年、60代の嘱託社員を怒鳴りつけてしまった。

この事実だけ聞けばわたしは「年配者を敬わない最低な奴」だ。

その方は30年ずっと同じ部署で同じような仕事をしており、 全く時代の流れについてきていなかった。 とにかくその方が原因で若手社員の業務に明らかに支障が出ており、 我慢し兼ねたわたしがついに爆発した。 わたしの行動は自分とその他の皆を守る自己防衛策だった。

老害」認定


この記事のように、ただ尊敬されなくだけならまだいい方だ。

最近は「老害」という言葉も一般化してきた。 もう老人に頼らなくても良いとなると、体力も衰え、医療費圧迫中の老人は いよいよ疎ましく思われ、ついには「老害」認定されてしまう。

長く会社にいること=偉いと勘違いしている方が多いが、そんなことは全く無い。 会社は従業員のものではなく、経営者や株主のものだ。 あくまでも我々は会社の構成員であって、給料を貰っている以上、 会社が良くなるよう時流に乗って動いてもらわないと困る。

まぁ人間は機械ではないし心があるから、どうしても客観的に自分を 見つめることができる人は非常に少ないと思うけれど。

最後に、こんな記事のリンクも貼っておこう。

www.nikkei.com